こんにちは、里山移住者ブロガーのちゃよ(@bloggers_chayo)です。

雪が降ると保育園で雪遊びをするので、スノーブーツが必要になります。

今回はプーキーズのでボアをとれば長靴として履ける兼用タイプを選んだらよかったので、chayoのオススメポイントと併せて紹介します。

こちらが届いたスノーブーツ。届いてすぐに雪が降ったので、翌日にはこのブーツで保育園に行ったほど、娘も気に入ってくれました♡

娘の好きなピンク色で、可愛いし、chayoも満足(*^-^*)

ボア付きで暖かいよ!

chayoが住んでいる地域は1週間もすれば雪がとけて、根雪にはならない。だから普通の長靴をスノーシューズとして使っているお友達もいる。

でもchayo家のヤンチャ娘は雪が降っていようとお出かけ大好き!っていうか、雪の上を歩くのが大好きなんです。

だから暖かいボア付きのにしてあげたかったんだよね。ボア付きだから、足の指先まであったかいよ♡

ただchayoは足の(特に指先)が寒くて凍えているのに、娘が外遊びを止めないのは盲点だったけど(笑)。

ボアを外せば長靴になるから、オールシーズン履ける!!

スノーブーツは雪の時期だけ履かせていると、正直もったいない!すぐに足が大きくなって、履けなくなるからね。

以前はこちらを履かせていたんだけど、もったいなくて2シーズン履かせていたら、2年目に園長先生から「ちょっと小さいんですが…」と言われたほど。だって、もったいないんだもん。窮屈だったのに、ごめんよ、娘。

でもこのスノーシューズはボアのインナーをとれば長靴になるなら、他のシーズンも使えてもったいなくない

4月になって暖かくなったので、長靴にしました。ボアを上に引っ張ったら、手で簡単に外せたよ。

これで長靴になりました!ちなみに写真はお庭でジョウロで水たまりをつくり、パシャパシャ遊んでいるところ。

雪が降らない年があってスノーシューズの出番なし!

例年雪が膝くらいは積もるのに、2019年は暖冬で雪がドカッと降りませんでした。降っても、積もらないんですよ。

だからスノーシューズの出番がほぼなし!今は異常気象だからか、こういうこともあるんですね。

スノーシューズしか使えないので、新品だったら凹むわ~。

そういう意味でも、レインシューズとして使えるのは良いよ。

靴底がスパイクなしだから安全!

プーキーズのスノーシューズは靴底にはEVA底(ラバー埋め込み)で、滑りをカバーしているよ。

子供用でもたまにスパイク付きもあるけど、それは危ない。だから、こういうタイプが安心&安全!

完全防水だから雪解けの中も歩けるよ!

長靴として使えるのだから、完全防水です。

だから溶けかかった雪でも、安心して履けるのは心強い!

娘はわざと雪の上を歩いたり、水たまりをピシャピシャ歩くのも好きだから、完全防水は安心です(*^-^*)

カラーは5種類。サイズは15-24㎝と揃っているよ!

スノーシューズのカラーはこちらの5種類で、15-24㎝と揃っているのも嬉しいポイント。ただ2cm毎だから、注意してね。

またボアで1cm分は小さくなるよ!だから娘も普段の靴は18cmだけど、サイズは19/20で注文しました。

雪のシーズンが終わってからは長靴として使うから、今よりも足が大きくなっているし、それにそもそも多少大きくても履けるから。

サイズの目安は下記を参考にしてね。

プーキーズのスノーシューズの感想

デザインがかわいいし、ボア付き暖かいし、靴底に滑り止めもついているし、chayoとしては満足の買い物です。

外遊び好きの娘には、ピッタリです♡

しかも完全防水だから、娘が雪の中をドカドカ歩こうが、水たまりをパシャパシャしようが、安心なのは嬉しい限り。

でもまぁ、やりすぎて、靴の上から水や雪が入ったことはあるけど…

それになんといってもボアをとれば、長靴として使えるのは重宝です。子どもはすぐに足が大きくなって、履けなくなるからね。

それに田舎に住んでいるから、保育園では「サツマイモの苗植え」や「収穫体験」なんかのイベントもあって、長靴は必須。

だから長靴として履けるのは有り難いよ。ただ多少、暑そうな気がするけど。

同じタイプのこちらのスノーシューズもあって、カラーの種類は豊富!上のネイティブとの違いは、

  • ボアの柄が違う。こちらは無地
  • スノーシューズの底の色が違う(同じピンクでもネイティブはそこは薄いピンク。こちらは水色)
  • 価格がネイティブの方がちょいと(90円)高い

たぶんこれくらい。あとは好みです。

尚、保育園は少人数なのに、このスノーシューズはお友達とかぶっちゃった。タイプが違ったけど、色も同じだった。人気あるんだね~(‘ω’)ノ